本文へスキップ

一般社団法人日本ドライオーガズム協会は、ドライオーガズムに関する正しい知識と実践の普及につとめます

活動内容work

健全なドライオーガズム業界の構築を目指して

○○○○○○○○イメージ

日本におけるドライオーガズム産業は、1996年の医療機器である前立腺マッサージ器具の 輸入・販売を通して急速に拡大をしてきました。

しかし、ドライオーガズムは、その強烈な快感が強調される一方、知識不足に起因した誤解や偏見が蔓延しており、 また技術的な指導も十分とは言えません。

その結果、ドライオーガズムに達することができない『ドライオーガズム難民』を作り出し、 それが商業的に利用されてきた側面もあります。

当協会ではドライオーガズムを経験した複数の協会員の賛助のもと、医学的見地の向上に努め、安全かつ確実な指導を実施し協会員のドライオーガズム達成への道を共に歩んでいきます。

また協会員が集うコミュニティを構築し、相互扶助の精神のもと、ドライオーガズム経験者による情報提供、 協会員同士の意見交換、交流の場として活用していただけます。



事業の種類

○○○○○○○○イメージ
  1. 技能講習会の開催等によるドライオーガズムに関わる人材の育成
  2. ドライオーガズムの技術基準の策定、公表および資格認定
  3. 機関紙および資料等によるドライオーガズムに関する最新情報の提供
  4. ドライオーガズムの理論および技術体系に関する研究・開発
  5. 国内外の関連団体との連携および交流
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
  7. 情報交換・交流の場の提供


このページの先頭へ
セミナー  ネットワーク
 ドライオーガズムに関する技術・知識のみならず、それに付随する業務などに必要な知識等を修得して頂くために様々なセミナーを開催しています。  協会員同士の情報交換の場として 定期的な交流会の開催や、 掲示板の運営をします。
講習・研修  パブリケーション
 協会員に対してドライオーガズムの技術研修を行います。  メルマガの配信、ドライオーガズム技術・理論のテキスト、技術向上のためのDVD教材など、各種教育教材を開発、発行しています。
 認定システム  社会貢献
 ドライオーガズム技術の水準を高め、確かなスキルと信頼をアピールするために、「認定校」「認定講師」「認定関連事業」などの認定システムを設けています。  会費の一部を前立腺患者の早期発見のための前立腺研究団体へ寄付していきます。

バナースペース

一般社団法人日本ドライオーガズム協会

mail:dryseminar@gmail.com